2007年07月23日

犬山魚屋町「市守様ご縁日」で市外初デビュー(7/22/2007)

CIMG2644.jpg
 いちのみやチンドン隊初の一宮市外活動は、犬山市東古券「魚屋町」の「市守様ご縁日」。

 魚屋町は、冬に「おもしろそうだがや」を発案し、運営してきた。おもしろそうだがやは、クラフトフェアではとても早くからスタートしている。おもしろそうだがやは、町の外の人たちの風を、町の中に吹き込もうとした活動だが、夏には町の中の風で町の中に動きを作ろうという活動が「市守様ご縁日」。家の前には、この町の住人の等身大の人形がベニヤで作られ飾られて2倍の人口になっている。地元の方々の出店、屋台が並ぶ中、プチ第八旅団、ハゲ富安、井上としなり、川合ケンなどが演奏。

 その露払いに「いちのみやチンドン隊」も呼ばれた。実質デビューと言ってもいい。総勢17名。

 イナバ サックス
 ガイG ギター
 きーぼー 旗持ち
 さかさかな 補給部部長
 sakura トランペット
 時代劇ヒラオ アルトサックス
 ダイオン小林 テナーサックス、ちゃんちき
 なかのちえこ クラリネット
 なほっち 鍵盤ハーモニカ
 パンチョ塩野谷 チンドン太鼓
 プラセンタ森本 お猿
 ほ〜ホシノ 口上
 ボッチ岡崎 太鼓
 ムジナ チンドン太鼓
 やまとも 河童
 ゆかりサマ 衣装部部長
 イナバカノ 太鼓

 4時半から5時前までの自分たちの演奏が終わり、練り歩いていると、川合ケンのステージにぶつかり、ケンさんが一緒にやろうと言うのでやった。観客の声「チンドン隊は、さっき自分たちでやった時より、今の方がうんと音が出てていい」

 課題は多いが、楽しかった。演奏後もみんないろんなとこで演奏したり酒飲んだりしながら夜まで過ごしました。

posted by 志民連いちのみや at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | いちのみやチンドン隊 (since2006)